二重

二重整形の一つである切開法の種類

二重整形において埋没法と切開法に分かれていますが、切開法には全切開法と部分切開法の二つの方法があります。まぶたを3cmほどメスで切って二重まぶたを作る全切開法は、糸で止める埋没法より取れにくい二重まぶたを作ることができます。また、埋没法と異なり手術中に目の開きを調節して黒目を大きくみせたり、たるんだ皮膚を切ってラインを調節することができます。
ただ、全切開法はメスでまぶたを切る必要があるため、埋没法よりまぶたに傷が残りやすく、まぶたの腫れや内出血が長引く傾向にあります。そして、部分切開法はまぶたを1cmほどメスで切って二重まぶたを作るので、全切開法よりまぶたの腫れや内出血が長引きません。けれども、全切開法のように目の開きを調節して黒目を大きくみせたり、たるんだ皮膚を切ることができません。
そのため、部分切開法で二重まぶたを作ると、全切開法より二重のラインの完成までの期間が長くなります。また、二重まぶたの持ちは全切開法より短いですが、埋没法より持ちが良くなります。部分切開法は、埋没法より二重まぶたの持ちが良く、全切開法より手術後の傷を小さくできますが、手術後の痛みや内出血を気にしないなら全切開法で二重まぶたを受ける手段もあります。

Topics

二重整形の一つである埋没法の痛みについて

大阪での二重整形には埋没法と切開法の二つの手術があります。切開法はメスを用いてまぶたの皮膚を切りますが、埋没法はメスを用いないので、痛みを伴いにくい二重整形になります。埋没法はまぶたに糸を通すので、手術後のまぶたの腫れが少なく、まぶたを切開しないので手術…

もっと読む

二重整形の一つである埋没法の種類

目を開ける筋肉や、近くの組織と皮膚を糸で結ぶことにより二重まぶたを作る埋没法は、糸の本数と掛け方で取れにくい二重まぶたを作ることもできます。埋没法の一般的なやり方とされる2点止めと3点止めは、二重まぶたを作る際に、バランスのとれた二重まぶたを作りやすくな…

もっと読む