二重

二重整形の一つである埋没法の種類

目を開ける筋肉や、近くの組織と皮膚を糸で結ぶことにより二重まぶたを作る埋没法は、糸の本数と掛け方で取れにくい二重まぶたを作ることもできます。埋没法の一般的なやり方とされる2点止めと3点止めは、二重まぶたを作る際に、バランスのとれた二重まぶたを作りやすくなります。
しかし、クリニックによっては2点止めを、同じ糸の結び方でも1点止めと呼ぶクリニックがありますが、点というのには定義がないので違いはありません。糸の本数を増やして糸を取れにくくする埋没法は、2点止めと比べると手術後のまぶたの腫れや内出血が出やすくなります。
また、糸の掛け方も絡めて止めるので二重まぶたの持ちが良くなりますが、元のまぶたに戻すために糸を抜くのが難しくなります。糸を結んでまぶたの中に埋め込む埋没法は、人によっては糸の結び目が膨らむのを気にします。
なので、糸の結び目をまぶたの眼球側に持ってくることで、糸の結び目が目立ちにくくなります。けれども、糸の結び目を眼球側に持ってくるので、糸が出てきた場合は眼球側に出るため痛みがひどく、2点止めと比べて糸を抜くのに手間取ります。
二重整形の中でも一般的なやり方とされる埋没法の2点止めと3点止めは、取れにくい埋没法と糸が目立ちにくい埋没法よりも、まぶたの腫れや内出血と糸の抜きやすさにおいて、最もバランスのとれた方法とされています。

Topics

二重整形の一つである埋没法の痛みについて

大阪での二重整形には埋没法と切開法の二つの手術があります。切開法はメスを用いてまぶたの皮膚を切りますが、埋没法はメスを用いないので、痛みを伴いにくい二重整形になります。埋没法はまぶたに糸を通すので、手術後のまぶたの腫れが少なく、まぶたを切開しないので手術…

もっと読む

二重整形の一つである埋没法の種類

目を開ける筋肉や、近くの組織と皮膚を糸で結ぶことにより二重まぶたを作る埋没法は、糸の本数と掛け方で取れにくい二重まぶたを作ることもできます。埋没法の一般的なやり方とされる2点止めと3点止めは、二重まぶたを作る際に、バランスのとれた二重まぶたを作りやすくな…

もっと読む