二重

二重整形の一つである埋没法の痛みについて

大阪での二重整形には埋没法と切開法の二つの手術があります。切開法はメスを用いてまぶたの皮膚を切りますが、埋没法はメスを用いないので、痛みを伴いにくい二重整形になります。埋没法はまぶたに糸を通すので、手術後のまぶたの腫れが少なく、まぶたを切開しないので手術時間が短いです。
そのため、埋没法は短時間で二重まぶたを手に入れることができます。しかし、埋没法を受けている際はまぶたに糸を通すので、まぶたの皮膚が敏感な人だと痛みを感じやすいです。
また、埋没法は人によってはまぶたが引っ張られる違和感を感じることになりますが、痛みには繋がりません。埋没法はまぶたを糸で縫って二重整形する手術なので、まぶたに局所麻酔の注射をして、局所麻酔がしっかり効いていればまぶたに痛みを感じません。
ただし、埋没法で手術をする時は、局所麻酔の注射を打たずにまぶたに糸を通すことができません。そのため、糸でまぶたを縫う前にまぶたの表と裏側に注射で局所麻酔を行うことになります。
局所麻酔の注射は痛みを伴いますが、痛みを和らげるために痛くない麻酔である笑気麻酔を併用することができます。そして、さらに痛みを抑えるには皮膚に痛み止めのテープを貼る方法もあります。埋没法の手術を受ける際は、手術してくれるクリニックで局所麻酔の痛みの対策を行っているか確認することで、痛みを伴いにくい埋没法を受けることができます。

Topics

二重整形の一つである埋没法の痛みについて

大阪での二重整形には埋没法と切開法の二つの手術があります。切開法はメスを用いてまぶたの皮膚を切りますが、埋没法はメスを用いないので、痛みを伴いにくい二重整形になります。埋没法はまぶたに糸を通すので、手術後のまぶたの腫れが少なく、まぶたを切開しないので手術…

もっと読む

二重整形の一つである埋没法の種類

目を開ける筋肉や、近くの組織と皮膚を糸で結ぶことにより二重まぶたを作る埋没法は、糸の本数と掛け方で取れにくい二重まぶたを作ることもできます。埋没法の一般的なやり方とされる2点止めと3点止めは、二重まぶたを作る際に、バランスのとれた二重まぶたを作りやすくな…

もっと読む