二重

プチ整形で二重を作るメリット

二重整形をする時はまぶたを切開して二重を作っていく方法もありますが、最近ではまぶたの皮膚の部分に糸を埋め込む方法で二重を作る人が増えてきています。切開するよりも小規模な二重整形なのでプチ整形とも呼ばれています。そこでプチ整形で二重を作るとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。
・手術時間が短いまぶたを切開して二重を作っていく方法は手術時間が1時間半~2時間ぐらいかかってしまいますが、プチ整形で二重を作る時の手術時間は10~20分ぐらいで終了します。手術時間が短いと体に負担がかかるのも少なくなるのでメリットになります。
・費用を安く抑える事が出来るまぶたを切開して二重を作っていく方法は費用が20~30万ぐらいかかってしまいますが、プチ整形で二重を作る時の費用は10万円以下で抑える事が出来ます。費用を安く抑える事が出来るのもメリットになります。
・手術後も普段通りの生活を送る事が出来るまぶたを切開して二重を作っていく方法は手術後に安静にする必要がありますが、プチ整形で二重を作る時方法は体にかかる負担が少ないので手術後も普段通りの生活を送る事が出来ます。特に仕事などで休めない人はメリットになるのでプチ整形で二重を作る時方法を選ぶ事が多いです。

Topics

二重整形の一つである埋没法の痛みについて

大阪での二重整形には埋没法と切開法の二つの手術があります。切開法はメスを用いてまぶたの皮膚を切りますが、埋没法はメスを用いないので、痛みを伴いにくい二重整形になります。埋没法はまぶたに糸を通すので、手術後のまぶたの腫れが少なく、まぶたを切開しないので手術…

もっと読む

二重整形の一つである埋没法の種類

目を開ける筋肉や、近くの組織と皮膚を糸で結ぶことにより二重まぶたを作る埋没法は、糸の本数と掛け方で取れにくい二重まぶたを作ることもできます。埋没法の一般的なやり方とされる2点止めと3点止めは、二重まぶたを作る際に、バランスのとれた二重まぶたを作りやすくな…

もっと読む